ANICRAテスト公開中 | Unityで動物がクラフトするゲームをつくってみた

動物があらゆる物をクラフトするゲームをUnityでつくってみた。UnityRoomPlayStoreβテスト版公開中。近日iOSでも公開予定。ぜひ一度遊んでいただきたい。この記事では、そのゲーム(ANICRA-アニクラ)のご紹介をしたいと思う。

まったりとした雰囲気

全体的にプレイスピードはまったりとしている。ゆったりとしたBGMを聞きながら、必要な材料を集めていく。それらをクラフトする時間も必要なので、それをまったり待ちつつ探索に出かけることもできる。

制限時間はないので急かされることはない。もちろん途中でセーブできるので、キリの良いところで止めることが可能だ。

すでに操作キャラの移動速度が遅いとのご指摘をいただいているが、はやくするかどうかは検討中だ。なぜなら、依頼をクリアすると得られるコインでプレイヤーの移動速度をアップさせることができるからだ。

急かされることが苦手で、まったり自分のペースでゲームを遊びたいならば、ぜひ一度プレイしていただきたい。

ちょっとしたお楽しみ要素

ただクラフトして依頼をこなすだけでは楽しみがないように感じた。それで、お楽しみ要素として、ワールド上にランダムでアイテムが入っている紙袋をランダムで出現するようにした。その中には、ステータスをあげたり、見た目を変えたりするためのアイテムをゲットできる。

MinecraftやFactorioの好きな部分を取り入れた

クラフトゲームと聞くとやはり”Minecraft“や”Factorio“を頭に浮かべる方が多いと思う。それらクラフトゲームで私が好きな部分を取り入れている箇所がある。例えば、Minecraftでは走ると体力が減る。Factorioでは操作キャラのステータスを強化すると走るスピードが上昇する。それらを組み合わせてANICRAでは実装している。

いたって平和

ANICRAでは一般的なクラフトゲームにある”何かを殺める”という行為はない。その行為は私の好きではない要素のひとつなので今後も取り入れることはないだろう。つまり、ANICRAはいたって平和だ。殺伐とした現実世界から少しでも離れたい方にプレイしやすいかもしれない。

自演のBGM

ANICRAで流れるBGMは、すべて私の持っているギターで演奏したものだ。数秒間をループさせているだけだが、なんとなく自分のつくりたい雰囲気にあっていたので採用することにした。

今後のアップデート予定

  • ワールドの追加
  • アニマルの追加
  • クラフトアイテムの追加
  • 怪しい紙袋の中身の追加
  • クラフト要素の調整
  • 依頼の調整・追加
  • ヘルプの追加
  • 昼夜システム
  • 植林システム

今後も上記の点をアップデートしていく予定。

共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。
*のついている項目は必須です。


*