Vim初心者のコマンド集 | 超初心者向け

私はVimを使い始めて1ヶ月未満のVim初心者だ。その私が普段使っているVimコマンドをまとめた。Vimをこれから使おうと思っている方には役立つかもしれない。

基本操作

Vimには、モードという概念がある。モードによってできることが異なる。モードについての詳細は、vimエディタ・スターターマニュアル #2 (モードの切替)をご覧になると良いかもしれない。

ノーマルモード

Vimを起動した後や、エディタ内に文字を入力できない状態は、“ノーマルモード”という。何らかのキーを押して、他のモードになっている場合は、“ESC”キーを押せば”ノーマルモード”になる。このとき、入力した文字は画面左下に表示される。その状態での基本操作は以下。

:q終了
:wq保存して終了
:w保存
u1つ前に戻る
p貼り付け
yy一行コピー
dd一行切り取り

入力モード

文字を入力・編集するには、”ノーマルモード”から”入力モード”への変更が必要だ。“Insert”キー及び“i”キーで”入力モード”に入ることができる。その状態での基本操作は以下。

k or ↑カーソルを上へ移動
j or ↓カーソルを下へ移動
h or ←カーソルを左へ移動
l or →カーソルを右へ移動
ESCノーマルモードへ移行

応用操作

基本操作を習得すれば、文字の入力から保存までを行うことができる。しかし、Vimを便利に使うためには、その他の操作も少しずつ覚えていく必要がある。基本操作で挙げた以外の私が覚えているVimコマンドなどをご紹介する。

複数行のインデント

一行のインデントは”Tab”キーでおこなうことができる。しかし、インデントを揃えるために何十行もする場合、いちいち”Tab”キーを押していては大変である。それで、複数行をいっぺんにインデントする方法がある。以下操作で可能だ。

  • ノーマルモードで、インデントしたい最初の行へへカーソルを配置
  • “Shift + V”を押してビジュアルモードにする
  • カーソルを移動させ範囲を選択する
  • “Shift + >”を押してインデントする

選択した範囲の文字をコピー・アンド・ペースト

複数行の選択・コピー・ペーストは、1行コピーの方法を少し発展したかたちでおこなうことができる。

マークをつける

まず、Vimではノーマルモードにおいて、“m[hoge]”でマークをつけることができる。例えば、”mm”なら”m”というキーでその位置を記憶する。

マークの位置からコピーする

マークで位置を記憶したら、選択したい範囲の最後へカーソルをもっていく。ノーマルモードにおいて“m`y”と入力すると、マークで記憶した位置からそのカーソルの位置までの範囲をコピーする(マークしたキーが”m”の場合)。

コピーした内容をペーストする

次に、ノーマルモードにおいてペーストしたい位置にカーソルをもっていく。“p”を入力すれば貼り付け完了だ。

文字の検索・置換

文字の検索は、ノーマルモードにおいて“/[hoge]”で可能。検索後のハイライトを消すには”:noh”。また、文字の置換は、ノーマルモードにおいて“:%s/[置換前]/[置換後]/g”でおこなうことができる(詳しい置換の方法はこちら)。

全範囲の削除・切り取り・コピー

ファイル内のすべての文字列をコピーしたり削除したいときがある。全範囲コピーするには、“:%y”。全範囲切り取りするには、“:%d”で可能。

全範囲のインデントを整形する

ノーマルモードにおいて、“gg=G”で可能。

まとめ

私が現在覚えているコマンドをご紹介した。しかし、Vimにはまだまだ膨大で便利な役立つコマンドが用意されている。それらを覚えるのは大変だが、少しずつ覚えていくと作業スピードが格段にあがることは間違いない。

共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。
*のついている項目は必須です。


*

関連記事

関連記事はありません。