無料WordPressテーマPipsの初期設定

自作無料WordpressテーマPipsの初期設定方法を解説する。

プロフィールウィジェットを作成配置する

まず、プロフィールウィジェットを配置する。プロフィールを配置すると、サイト訪問者が誰によって作成されたサイトなのか、すぐに知ることができる。

まず、カスタマイザーを開く。次に「ウィジェット」を開く。次に追加するウィジェットの位置を設定できるが「フッター上」を指定する。そして、追加するウィジェットとして「[Pips]プロフィール」を選択。

「[Pips]プロフィール」ウィジェットに、必要事項を入力していく。

タイトルウィジェットタイトル
リンク画像をクリックしたときのリンク先
画像表示する画像
名前表示する名前
テキスト30文字程度の紹介文

入力したら公開ボタンを忘れずにクリックする。黒いフッターの上にプロフィールができているか確認する。

ツイッターウィジェットを作成配置する

もしツイッターアカウントをお持ちなら、ツイッターのタイムラインをフッターに設置できる。

まず、カスタマイザーを開く。次に「ウィジェット」を開く。ウィジェットの配置位置だが、「フッター左側」「フッター中央」「フッター右側」から選ぶことができる。今回は「フッター中央」を指定。

ウィジェットを追加ボタンを押して、「[Pips]ツイッタータイムライン」を選択。続いて、ウィジェットのタイトルとTwitterのID(@を抜いたもの)を入力する。

設定がうまく行われれば、フッターに設定したアカウントのTwitterタイムラインが表示される。

その他ウィジェットを作成配置する

ここまでで2つのウィジェットを配置した。しかし、このままではウィジェットエリアが少し寂しい。それで、フッターの別の部分に、「最近の投稿」や「カテゴリー」「タグ」などを追加すると良いかもしれない。

広告ウィジェットの配置

SNSボタンの下にもウィジェットを配置できる。そこに広告を配置すると高いコンバージョンを得ることができると思う。

人気記事を表示する

デフォルト状態のトップページでは、最新の記事が一覧表示される。しかし、その下に人気記事を表示させることもできる。

まず、カスタマイザーを開く。次に、「表示設定」を選択。そして「人気記事を表示する」チェックボックスを有効化する。無事有効化されると、最新の記事一覧の下に、人気記事一覧が表示される。

仕様として、人気記事一覧はページを表示した回数に基づいて表示される。また、人気記事一覧の最大表示数は6で設定されている。

サイト全体の色を変更する

デフォルトでも問題ないかもしれないが、サイト全体の雰囲気を変えるために配色をカスタマイズできる。

まず、カスタマイザーを開く。次に変更したい場所の色を選択する。

ヘッダーカラーを変更すると、SNSボタンが見にくくなることがある。後述する「SNSボタンを変更する」で解説しているように、SNSタイプを変更するとカラーに合ったものにできる。

リンクカラーは、なるべくデフォルトから変更しないほうが良い。リンクカラーの色によって、訪問者がリンクと認識できる確率が大きく変化するためだ。

背景カラーは、ウィンドウ幅が1800px以上のときの左右に表示される余白の背景の色のことである。

SNSボタンを変更する

ヘッダーに表示されているSNSボタンは3種類のタイプから選ぶことができる。

まず、カスタマイザーを開く。次に「表示設定」を開く。そして、「SNSボタンタイプの設定」からボタンタイプを選ぶ。無事設定されると、ヘッダータイトル下のSNSボタンが変化するはずだ。

フォントを変更する

サイトタイトルが英文であれば、そのフォントを変更することが可能だ。サイトタイトルのフォントを変更すると、大きくサイトのイメージを変えることができる。

まず、カスタマイザーを開く。次に「フォント設定」を開く。そして、「ディスプレイフォントの種類の設定」からお好きなフォントを選択する。無事設定されると、ヘッダータイトルや説明文・Latest Post(最新記事)・Popular Post(人気記事)のフォントが変化する。

さらに、記事本文やメニューなどの日本語フォントの太さを変更することも可能だ。「フォント設定」の一番下に「フォントの太さの設定」項目があるので、好みの太さに設定する。

サイト基本情報の変更をする

カスタマイザーで、サイトタイトルや説明文の編集ができる。

まず、カスタマイザーを開く。次に「サイト基本情報」を開く。そして、各項目を記入する。「サイトのタイトル」はヘッダーに大きく表示される。「キャッチフレーズ」はその下とSNSボタン一覧の上に慎ましやかに表示される。サイトアイコンは可能ならば作成し設定しておこう。

背景画像の変更をする

ヘッダーとフッター以外の部分の背景をすべて画像にできる。

まず、カスタマイザーを開く。次に「表示設定」を開く。そして「背景画像の設定」で画像を指定する。私は下記サイトから背景画像を頂いてくることが多い。

LINK:Submit a Patterns

適正なmeta設定をする

TwitterやFacebookへの情報発信に関する設定は大切だ。そのために、適切なmeta設定をしておくことができる。

まず、カスタマイザーを開く。次に「meta設定」を開く。そして各項目を設定する。TwitterのIDはTwitterにて共有される際の情報として付随される。「meta情報に送信する画像」は、サイトアイコンで良いならば指定しなくても良い。この画像は指定された画像のないトップページなどが共有された場合の画像のことである。

メニューを作成する

記事を作成したらメニューを忘れずに作る。メニューには、カテゴリーやタグや固定ページを設定して、訪問者が容易に他のページへ遷移できるように配慮する。

まず、カスタマイザーを開く。 次に「メニュー」を開く。次に「メニューを新規作成」ボタンを選択。「メニュー名」を入力し、メニューの位置を「メインメニュー」とする。「次へ」。「項目を追加」から追加したいコンテンツを選択する。

あとはお好みで

ダウンロードリンク先で同時に公開している「pips_child」という子テーマをダウンロードインポートして適用し、それを編集していくことで更にお好みの状態に近づけることが可能だ。

LINK:Pipsダウンロード

共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。
*のついている項目は必須です。


*